並行輸入車って買取してもらえるの?

国産車というのは車の査定額を出すうえでモデル、グレードや年式に走行距離、ボディカラーといったものが影響します。
しかし、輸入車の場合にはさらに大きな影響を与えるものがあるのです。
正規代理店で購入をした車なのか、それとも並行輸入車なのかです。

 

正規代理店と呼ばれるものは、本国である自動車メーカーが日本で販売することを目的として作った車を販売しているディーラーです。
整備の方法はもちろん、メンテナンス方法を知っているディーラーなのです。

 

並行輸入というのは、メーカーの本社が作っている正規のルートではありません。
店舗、個人が輸入をしています。
つまり、日本向けモデルではありませんし、専門の整備知識等も持っていない店舗が大半になります。

 

同じ車でも、正規代理店において購入したのであれば、正しい整備を行ってもらうことができます。
補修部品に関しても正規なものを使用しているので安心です。

 

並行輸入車の場合、正規代理店においては入庫拒否を受けることもあります。
補修部品においても正規品を使用するのではなく、コピー商品を使用することがありますので、質の高い整備を受けることはまず不可能です。

 

このような並行輸入車の実情というのは、中古車買取業者も把握しています。
そのため、並行輸入品というのは買取価格は非常に安くなりますし、場合によっては買取自体を拒否されてしまうこともあるのです。

 

日本未発売のモデルなどは希少価値がありますので、ある程度の値段で買い取ってもらえるかもしれませんが、大半の並行輸入品は買取価格に期待できません。
そのような場合には、一括査定等を利用して、できるだけ多くの業者に見積もりを出してもらうことが重要なのです。